冨田美穂@アレクサンダーテクニーク教師修行中です。


大阪のbodychance(アレクサンダーテクニークのスクール)プロコース、今日はバジルさんのレッスンの日。

 

 

久しぶりのバジルさんのレッスン。

今回の私のお題は、

「高音で揺れちゃうのの対処法」

 

処方箋

?は

・バレエ立ちになってる(=足首、膝、股関節をロックして、骨盤を後傾させている)から、ロックを外して、骨盤の位置を調整➡️骨盤底筋群を使いやすい位置に

・肋骨は12本全部使う➡️呼吸量をふやす

・首や肩にも息を吸うのを補助する筋肉はいっぱいあるよ。

・支えるのに肋骨を張り続けるのはどうやら合っているらしい。

 

 

結果

 

揺れちゃうのの対処法というよりは、

猛烈パワフルに声がでる方法、みたいな感じになりました。

 

 

他のひとも、楽器であったり、歌であったり…のレッスンでやはり「肋骨12本」。

肋骨12本全部活用するっていうことは、鎖骨のあたりの肋骨まで全部、呼吸に参加させてみよう、ということ。

 

 

音楽の世界でよく言われる

「肩をあげないで息を吸いなさい」

のセオリーはあかんよね、

超一流のプレイヤーたちで、呼吸を制限してる人っていないものね。。。

(この言葉、本来は違う動きをを指してたんだろうね。誤解されたまま拡がっちゃったけど)

 

 

 

さて、今日は、クラスのメンバーの一人がbodythinkingコーチの認定証を受けとりました。

私がこの認定証を受け取れるのは来年3月の予定🖤

ちなみに、また、来春1/14に守山教室で「身体の設計図」ワークショップやりますよー!

お祝いのクラッカーの残骸が、森岡尚之さん(写真右。彼はもう、ベーシッククラスを教えているアレクサンダーの先生!トロンボーン吹き)の手にかかると⬇️こんな造形に(笑)

bodythinkingコーチになった有希さんとのツーショット♪


なんとも、楽しい人たちです(笑)

 冨田美穂公式LINEtomita miho HP

2021/3/17(水) 14:00~
名古屋二期会
withコロナ さいかい vol.2 日本の歌編
全席自由¥3000 
電気文化会館 ザ・コンサートホール

2021/6/17(木)
日本歌曲振興波の会
日本歌曲の饗宴-2020-延期公演
全席自由¥3500
渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール


詳細未発表
 6月 四日市
 7月 滋賀
 8月 四日市
公開OKになったら、お知らせしますね!


チケットご入用の方は、ぜひ、個人的に連絡くださるか、
演奏会チケット申込フォームからご連絡ください♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です